iPhoneでのキーボード入力の際、人に見られたくない予測変換をなんとかしたい

マイナビニュース / 2020年4月1日 11時0分

iPhoneのキーボード(ソフトウェアキーボード)には、次にどのような単語が入力されるか予測し変換候補として表示する「予測変換機能」が装備されています。「営業」は「えい」の入力を終えたあたりで、「ドキュメント」は「どき」あたりで候補に表示されるので、残りの文字を入力せずに済みます。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング