どこでもサイエンス 第177回 布模様とプログラミングと伯爵夫人

マイナビニュース / 2020年4月1日 8時0分

2020年4月、日本の小学校ではプログラミングが必修となります。そのプログラミングが生まれたのは、今から200年近い前の1842年。発明したのは英国の26歳の女性、エイダ・ラブレス伯爵夫人です。彼女がプログラミングを着想したのは、布模様も少なからず影響しています。そんなウソのような本当の話をご紹介します。エイプリル・フールじゃなくてエイダ・ラブレスですよ。 ということで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング