東海道・山陽・九州新幹線、ゴールデンウィーク後も運転計画見直し

マイナビニュース / 2020年4月6日 17時33分

JR東海、JR西日本、JR九州は6日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う利用状況を踏まえ、東海道・山陽・九州新幹線に関して、新たに5月31日まで運転計画を見直すと発表した。 JR東海は東海道新幹線「のぞみ」に関して、4月に計42本を運休とし、ゴールデンウィーク期間中の5月1~6日も計106本の運転を取りやめると発表していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング