懐かしの“偽レイバン”被害がTwitterで再燃、防ぐには?

マイナビニュース / 2020年4月10日 14時12分

最近、Twitterで懐かしき“偽レイバン”の乗っ取り被害が再燃しています。地方自治体の公式Twitterや人気俳優も、偽レイバンの宣伝ツイートをしてしまうなど、被害が拡大。手口は、古典的な「パスワードリスト攻撃」ではないかとみられます。うっかり引っかかって「あの人はセキュリティ意識が薄いのかな?」と思われて恥をかかないためにも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング