2人に1人がブルーライトで"時差ボケ" - メガネの「Zoff」調査

マイナビニュース / 2020年5月28日 21時37分

メガネブランド「Zoff」を運営するインターメスティックは5月28日、ブルーライトが目などの体に与える影響について行った調査結果を公表した。調査によると、2人に1人がスマホなどの光によって「デジタル時差ボケ」に陥っているという。 同社では調査を行った背景として、在宅勤務や休校措置などの増加に伴い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング