Googleマップ、「Plus Codes」で現在地を共有、どんな場所でも正確にコード化

マイナビニュース / 2020年5月29日 8時56分

Android版の「Googleマップ」アプリで、PlusCodesを使って簡単に現在地を共有できるようになった。 Googleマップで、端末の現在地を示す青いドットをタップすると、現在地に関するカードが開き、現在地のPlusCodeをタップするとクリップボードにコピーされる。それをメッセージやメールに貼り付けて送ることで現在地を共有できる。PlusCodeは短い文字列なので電話でも伝えやすい。受け取ったPlusCodeの位置は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング