米国の偵察衛星がスペースXの宇宙船をスパイ? - 約100kmの距離にまで接近

マイナビニュース / 2020年6月5日 8時30分

2020年5月31日にスペースXが打ち上げた有人宇宙船「クルー・ドラゴン」に、米国の偵察衛星が約100kmの距離にまで接近していたことが明らかになった。オランダの天文学者MarcoLangbroek氏が発見した。 接近は偶然である可能性が高いものの、この機会を利用してクルー・ドラゴンを撮影するなどの"スパイ行為"が行われた可能性がある。 Langbroek氏によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング