写真

画像提供:マイナビニュース

Microsoftが2020年6月にリリースした定例セキュリティアップデートには、MicrosoftOfficeの脆弱性「CVE-2020-1321」を修正するパッチが含まれていた。この脆弱性は「3DOfficeExploiter」と呼ばれるもので、MicrosoftOffice365向けのクラウドメールサービスを運営するMimecastによって発見・報告された。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング