写真

画像提供:マイナビニュース

東京大学(東大)は4月6日、従来の高電圧リチウムイオン電池開発において見逃されていた第3の劣化因子を発見し、すべての劣化ヨウ素を高度かつ同時に抑制することで、5.2Vを上限作動電圧とするリチウムイオン電池の長期安定動作を実現したことを発表した。 同成果は、東大大学院工学系研究科化学システム工学専攻の山田淳夫教授、同・山田裕貴准教授、同・KoSeongjae特任研究員らの研究チームによるもの。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング