「Yahoo!ショッピング」は、出店者が広告料を多く支払うことで、検索結果の「おすすめ順」上位にくる仕組みになってるものの、「広告」等と表示してないことを、朝日新聞が6月28日に伝えました。専門家として、弁護士の「宣伝であることを隠すのはステルスマーケティング(ステマ)にあたる」というコメントをも紹介しています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング