写真

「日本の孤独死を教訓に」海外メディアが取り上げる現代日本の陰

誰にも知られることなく自宅で亡くなり、死後数週間以上経って発見されるお年寄りが都市部を中心に増えている。世界でも類を見ない超高齢化社会に向かう日本で、一緒に住む家族や会話をする友達さえもおらず、ひっそりとこの世を去る老人の「孤独死」が、衰えていくかつての成長社会の未来として、海外でも教訓的に受け止められている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング