<民主党がマイナス要因を抱える今、消費増税+改憲を争点にして安倍首相が解散・総選挙に踏み切るのは有利な戦略だが、死角がゼロではない>安倍政権が「加計+森友」の処理や、3補選のミクロ的情勢を嫌って解散に踏み切るというのは、大義の有無はともかく、テクニカルには成立する話と思います。ですが、仮にそうであっても、消費税に関して総理は据え置きもしくは、引き下げというサプライズ戦術をやって、長期政権を狙うのかと思っていました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング