<メディアとネットに殺人者の汚名を着せられたアマンダ・ノックスがインタビュー番組のホスト役に>19世紀アメリカの作家ナサニエル・ホーソーンの名作『緋文字』は、姦通(Adultery)の罪を犯し、そのイニシャル「A」を服に縫い付けられた17世紀の女性ヘスター・プリンの物語。プリンは「さらし台」に立たされ、隣人たちによって非難され辱められた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング