<朴政権退陣にも重なる骨太サスペンス『1987、ある闘いの真実』>韓国の現代史を語る上で欠かせない1980年代の民主化運動。その厳しさを象徴するのが民衆蜂起を軍が弾圧し、多数の死傷者が出た80年5月の光州事件だろう。たびたび小説や映画の題材になり、ヒット作『タクシー運転手約束は海を越えて』が記憶に新しい。民主化運動のもう1つの転換点が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング