<ムラー特別検察官によるロシア疑惑の捜査で、トランプ選対とロシアの共謀は認定されなかったが、トランプへの疑惑が完全に晴れたとは言い難い>米時間3月24日(日)、ウィリアム・バー司法長官は、トランプ大統領とその周囲に関する「ロシア疑惑」について、ムラー特別検察官による捜査が終結したとして、その要点を議会へ向けた書簡として公表しました。結論としては、2016年大統領選挙に関してロシアが干渉したという疑惑については、▼トランプ選対とロシアとの「共謀(コルージョン)」は認定せず。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング