米イェール大学では、このほど、死後4時間経過したブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した。これまでの「死」の定義や生死の境界線を揺るがしかねない研究成果でもあることから、大いに注目を集めている。独自に開発した体外循環システムを脳につないで細胞死を減らすイェール大学医学大学院のネナド・セスタン教授を中心とする研究チームは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング