<働き手にならない女の子を堕胎してしまう貧しさゆえの悪習を、インド政府は根絶しようとしてきたのだが>インド北部のある地区で、過去3カ月に生まれた赤ちゃんの中に女の子が一人もいなかったことが分かり、当局が理由を調べ始めた。通信社ANIによれば、北部ウッタラカンド州のアターカシー地区の132の村では、過去3カ月で216人の赤ちゃんが生まれたが、その全員が男児で女児は一人もいなかったという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング