<上場して間もない配車大手のウーバーが早くも失速気味......迷える経営の実態は>配車サービス大手ウーバーの株価が、8月15日に上場以来の下値を付けた。8日発表の第2四半期決算で52億ドルの赤字を計上したためで、株価は一時、32.92ドルまで落ち込んだ。ウーバーは新規事業(ウーバーエアなど)の開拓に取り組んでいるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング