<本人にとって不利な個人データの不正利用が組織的かつ大規模に行われていた相当に悪質な事例>就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルート系列の「リクルートキャリア」が、契約した企業に対して就活学生が「内定辞退する確率データ」の販売していた事実が明るみに出ています。当初の報道では38社が料金を払ってサービスを受けているそうで、その後、徐々に利用した企業が名乗り出てきています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング