アルベール・カミュの小説『ペスト』では、ペストの発生により閉鎖されたアルジェリアの港町オランにおける人々の様子が描かれます。二度の大戦とスペイン内戦を経験したカミュ。作中には、そんな艱難辛苦を乗り越えたカミュの思想が色濃く反映されている箇所があります。学習院大学教授の中条省平(ちゅうじょう・しょうへい)さんが「非常に重要な箇所」を引きながら解説します。***恋人のいるパリへどうしても帰りたい記者のランベールは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング