19世紀に生きたスイスの作家ヨハンナ・シュピリは、生涯におよそ50の作品を残しましたが、そのなかでもっとも知られているのが『アルプスの少女ハイジ』です。同名のアニメが有名ですが、原作小説を読めば新鮮な感動を味わえるはず、と早稲田大学教授・ドイツ文学者の松永美穂(まつなが・みほ)さんは言います。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング