写真

前頭側頭型認知症は、大脳の前頭葉と側頭葉の神経細胞が徐々に減る、萎縮する(縮む)ことにより、様々な症状が現れる病気です。原因は、まだはっきりとは分からないのですが、脳の神経細胞にあるタウたんぱく質という物質が影響していると言われています。 前頭葉は、人格、社会性、言語を支配し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング