賃貸住宅の施工不良を発表したレオパレス21(東京都中野区)が、耐火性能に問題がある物件の入居者などを対象に、原則3月末までの転居要請を始めました。引っ越し費用や新たな住居の礼金などをレオパレス側が負担する、という条件が提示されているようですが、ちょうど引っ越しシーズンに入る上に、ヤマトホールディングス(HD)子会社の受注停止や運送業界の人手不足などで混乱が広がっています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング