標準的な体重の人よりも“ちょいデブ”の方が健康的? 米機関調査の真偽とは

オトナンサー / 2019年5月19日 6時40分

肥満の人は「自己管理能力が低い」「生活習慣病になりやすい」などネガティブな印象を持たれがちです。しかし、先日ネット上に「標準的な体重よりも少し重い、いわゆる『ちょいデブ』の人が最も健康的」という調査結果を米国の公的機関が発表した、との情報がアップされました。世の中では一般的に「肥満=不健康」と認識されていますが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング