赤ちゃんの体に現れることがある、薄青いあざのような「蒙古(もうこ)斑」。お尻や背中などに見られることが多いですが、中には腕や脚など目立つ部位に出ることもあり、「虐待によるあざ」と誤解され、親がつらい思いをするケースもあるようです。また、大人になってからも消えずに残る場合もあり、やはりあざに間違われたことのある人も。蒙古斑について「お尻以外にもできるの?」「うちの娘は脚に出ているので、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング