フェレットにかまれた警察官、16年以上経過し「蜂窩織炎」で死亡 どんな病気?

オトナンサー / 2019年11月13日 6時10分

フェレットにかまれた大分県警の男性警部補が感染症の「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」を発症し、かまれてから16年以上たった今年1月に亡くなりました。蜂窩織炎とはどのような病気で、フェレットではなく、犬や猫にかまれても発症する可能性があるのでしょうか。■皮膚の傷から細菌が増殖して発症大分県警によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング