写真

薬ののみ合わせには注意が必要だ

多くの薬をのみ過ぎた結果、害が生まれてしまう「多剤併用」が問題になっている。厚生労働省の調査によると、1か月に1つの薬局から受け取る薬剤の数が5種類以上にのぼる人の割合は、40~64才で5人に1人、65~74才で4人に1人、74才以上になると半数近くが該当する。さらに4人に1人が7種類以上の薬を受け取っているのだという。 厚労省は多剤併用を問題視し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング