写真

あのライバルとの関係を語った(撮影/松本昇大)

元祖“怪物”投手、江川卓氏。高校時代は160キロは出ていたという逸話が残る彼の進路は当時、日本中の注目を集めた。球界の歴史に残る「空白の一日」騒動を経て1979年に巨人に入団。そんな彼の最大のライバルは他球団ではなく、同じ巨人軍にいた西本聖氏だった。ドラフト外で入団し、“雑草”と呼ばれた西本氏と江川氏のライバル関係を描いた漫画『江川と西本』(作/森高夕次、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング