写真

ZOZOマリンに新設された観客席「ホームランラグーン」(時事通信フォト)

ホームランは野球の醍醐味だが、多すぎると話は変わってくる。今季、セ・パ両リーグでホームランが急増する“異常事態”が起きている。ついには「飛ぶボール疑惑」まで飛び出した。異変は、開幕から3カード(全54試合)が終了した時点で如実に現われた。 昨季の開幕3カード(昨季は52試合)のホームラン数と比較すると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング