写真

復活したタイガー・ウッズ(EPA=時事)

2014年ぶりのマスターズ制覇を決めたタイガー・ウッズ(43)。2008年の全米オープン以来となるメジャー優勝までの11年間は、まさに“天国から地獄”だった。腰痛で4度の手術、さらにホステス、ポルノ女優ら10人以上の愛人の存在が発覚し、離婚。スポンサーも相次いで撤退した。2017年には抗不安薬の影響下で車を運転したとして逮捕されている。 復活を支えたのが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング