写真

大型スーパー「ヤオコー」(時事通信フォト)

グローバル展開する企業が増える中、実はいまだに日本企業の約4割は、「創業家一族」が株式の10%以上を握る同族経営という事実がある。しかも、トヨタやサントリーといった世界的企業こそ、創業家への先祖返りをしているのだ。 そして近年、立て続けに有力企業で「創業家の代替わり」が相次いでいる。2010年以降に就任した創業家社長20人については別掲の表にまとめた。 その“お家事情”は各社各様だ。流通アナリストの鈴木孝之氏が注目するのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング