写真

まさかフラれるとは…(共同通信社)

視聴率争いでは民放キー局の最下位が“定位置”となったフジテレビが、捲土重来を期して新社長人事を固めた。6月下旬の株主総会を経て社長に就任するのは、遠藤龍之介専務(62)。かの芥川賞作家・遠藤周作の長男で、幼稚舎から大学まで慶應で学び、1981年にフジに入社。2005年のライブドアによるニッポン放送への敵対的買収騒動では広報部長としてマスコミ対応を担った人物だ。フジ幹部はこう話す。 「日枝久・取締役相談役からの信頼が厚く、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング