写真

社労士の木村昇氏

年金制度は「保険料の払い方」から「年金のもらい方」まで選択肢が多く、損得は定年前後の夫婦の働き方によっても変わる。税金や社会保険料負担まで含めたトータルで考えると、最も得する選択を見つけるのは容易ではないが、年金のプロである社労士は、制度をフルに活用している。 年金にまつわる最初の選択は「繰り上げ」か「繰り下げ」か、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング