写真

鎮痛剤の飲み過ぎに要注意(写真/PIXTA)

今や2人に1人ががんになる時代といわれている。しかし、頭のどこかで「自分は関係ない」と思っていないだろうか。その不調、もしかしたら体が発するSOSかもしれない。 胃がんは、日本人のがん死因3位。胸のつかえや胃痛、むかつき、胸焼けがその兆候といわれるが、生理痛や頭痛などで鎮痛剤を慢性的に服用していると気づきにくい場合があるという。東京ミッドタウンクリニックの森山紀之さんが解説する。 「鎮痛剤をよくのんでいると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング