写真

新幹線が童謡で「時速250キロ」と歌われたのは、開業の翌々年1967年のこと。2020年に導入予定の、最高時速360キロメートルを超える新型新幹線N700Sに試乗したライターの小川裕夫氏が、その乗り心地をリポートし、今後の展望を解説する。 *** 6月6日、JR東海は2020年のデビューを目指して開発を進める新型新幹線N700S系の速度向上試験を報道陣に公開した。 現在、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング