写真

巨人の若き主砲が悩んでいる

熱心な“竜党”にとっては、「やっと」という感慨もあるのだろう。プロ野球の中日・高橋周平(25)のバットがついに覚醒した。打率.344でリーグトップをひた走り、交流戦に入ってからは主砲・ビシエド(30)を退けて4番に座る(数字は6月11日終了時点、以下同)。 「8年目を迎えた今季、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング