写真

在職老齢年金の廃止は60歳以降の働き方の常識を変える

政府は、6月11日発表の「経済財政の基本方針(骨太の方針)」で、働く高齢者の年金を減額する「在職老齢年金制度」(在老)の“廃止”を打ち出した。現在、60~64歳までは月給と年金の合計収入が28万円、65歳以上は47万円を超えると働き続ける限り年金がカット(支給停止)される。早ければ2021年に廃止となる。 在職老齢年金によるカットが廃止されることで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング