写真

「福岡の炭鉱王」の御曹司として育った(AFP=時事)

「政治家は清貧たれ」とはいわない。たとえ資産家の政治家でも、庶民の生活実感、年金不足への危機感を感じ取ることができるなら、国民は政治に期待を託すことができる。 だが、住居費も交通費も税金で賄われ、飲み代は政治資金、金銭感覚が完全に麻痺した政治家たちに、国民の痛みは分かるまい。 「とてつもない金持ちに生まれた人間の苦しみなんて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング