写真

皇居ランで汗を流す(共同通信社)

日本各地、時には海外を訪問し、分刻みのスケジュールをこなす天皇や皇族方の務めは“体力勝負”だ。ハードな公務を担うため、皇室には単なる体調管理以上の「肉体鍛錬法」がある。 ●俊足を育てた「池ジャンプ」 〈幼稚園のときから足がものすごく速かった〉──天皇の学習院時代の同級生の小山泰生氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング