写真

霊友会(東京都港区。時事通信フォト)

平成の宗教界は、創価学会をはじめとする新宗教が政界にも影響を及ぼす大きな勢力となり、それが政権交代の陰の原動力となった。そのパワーは、圧倒的な信者数と資金力に支えられてきた。だが令和の時代になり、各団体ともに組織や信者の“代替わり”を迎えようとしている。実は今、各新宗教団体に縮小傾向が窺える。 「真如苑」「生長の家」「世界救世教」「天理教」「PL教団」「仏所護念会教団」「立正佼成会」「霊友会」の計8団体は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング