写真

後藤田正晴氏は「カミソリ後藤田」の異名で知られた(時事通信フォト)

過去の政治の転換点で、「もしもこの政治家が総理になっていたら、“国のかたち”は違っていたかもしれない」と期待された人物は少なくない。 日本政治の分水嶺はどこにあったのか──参院選(7月21日投開票)を前に検証することには重要な意味がある。本誌・週刊ポストのアンケートで政治家OB、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング