写真

高齢者がよく処方される薬の「弊害」と「減薬方法」

今、医学界で話題となっているのが、厚生労働省が2019年6月中旬に公表したガイドライン「高齢者の医薬品適正使用の指針」だ。このガイドラインは“とりあえず”薬剤を使用しがちな日本の現代医療への問題提起ともいえる。 同ガイドラインは、医療機関などに向け、高齢者への不要な薬の処方を減らす必要性や、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング