写真

山口那津男・代表(写真/時事通信フォト)

「まさか!」。参院選終盤、公明党に激震が走った。自民党の情勢調査で東京選挙区(定数6)では1位が自民・丸川珠代氏、2位は共産党の吉良佳子氏、山口那津男・公明党代表は3位と共産党候補を下回っていたからだ。実際は山口代表は「80万票、2位当選」という目標としていたラインに達し、首都決戦で大物の存在感を見せる結果となった。 が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング