写真

3連覇中のカープも11連敗を喫した(写真/時事通信フォト)

今季のプロ野球で際立つのが「大連敗」だ。6月、ヤクルトがセ・リーグ最多タイの16連敗を喫するや、パ・リーグ首位だった楽天も10連敗。さらにリーグ4連覇を目指す広島までもが11連敗と、悪夢が続いた。ちなみに日本記録は1998年ロッテの18連敗だ。 18連敗を止める術はなかったのか。当時打撃コーチだった広野功氏はその問いに「あのイニングでもう1点取っておけば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング