写真

8月15日で閉店される山形の老舗百貨店「大沼」(米沢店)

地方百貨店の衰退が止まらない。8月15日には山形の老舗百貨店「大沼」(米沢店)が地元住民に惜しまれつつ閉店する。縮小均衡にある百貨店の撤退は、単なる経営手法の問題にとどまらず、地方経済の衰退を晒すことにもなる。神戸国際大学経済学部教授の中村智彦氏が、苦境に喘ぐ地方百貨店の現状をレポートする。 *** 「あの大沼がねえ」──60歳代の主婦は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング