写真

ソウルの国立墓地を訪ねた柳川次郎(出典:日韓親善友愛10年小史)

「ヤクザもんの社会は差別がない。終戦直後のあの時代でも人間同士の付き合いがある。そういうところがあったから飛び込んだわけですよ」。これは山口組きっての武闘派・柳川組を率いて、最強の在日ヤクザとして恐れられた柳川次郎(本名ヤン・ウォンソク。1991年没)の言葉である。ヤクザには差別がない──。本当にそうだったのか。ジャーナリスト竹中明洋氏が綴る。 *** 戦後ヤクザ史に残る抗争の一つに明友会事件というものがある。1960年、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング