写真

原監督に嫌われてしまった?(写真/時事通信フォト)

混迷を極めるセ・リーグの首位争い。最大10.5ゲーム差で首位を独走していた巨人は、2位(当時)・DeNAとのゲーム差を0.5まで詰められた8月上旬、原辰徳・監督は“人事のテコ入れ”を敢行していた。 「高橋由伸派とされる村田善則・スコアラー室長を緊急招集し、一軍ブルペンコーチとの兼任にしたのです。玉突き人事で三澤興一・投手コーチは二軍に配置転換された。 5年連続V逸を脱するために呼び戻された原監督にとって首位陥落は絶対に許されない。前政権時代もたびたびコーチを入れ替えたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング