写真

ドラフトでは何球団が指名するか(撮影/藤岡雅樹)

  甲子園決勝で惜しくも敗れた星稜・奥川恭伸の投球には、全国の高校野球ファンだけでなく、プロ球団のスカウトからも熱視線が送られた。一方、甲子園出場はならなかったが、高校生最速の163kmをマークした大船渡・佐々木朗希のもとにも、国内外から複数球団のスカウトが視察に訪れていた。 2人の境遇から思い出されるのが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング