写真

鳥谷は現役続行を希望している(写真/時事通信フォト)

少数精鋭のプロ野球選手のなかでも、「引き際を自分で決められる選手」は一握りだ。今年は、阪神・鳥谷敬(38)や中日・松坂大輔(39)など、一時代を築いた選手たちが進退を迫られている。 「鳥谷ほどの功労者がこんな“冷遇”でええのんか」 熱心な虎党からは、そんな声も聞こえてくる。谷本修・球団本部長が「タイガースのスターとして現役生活を終えてもらえないか」と事実上の“引退勧告”を通達。現役続行を希望する鳥谷は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング