写真

長嶋茂雄選手の現役引退セレモニー(写真/時事通信フォト)

阪神・鳥谷敬(38)や中日・松坂大輔(39)など、一時代を築いたプロ野球選手たちが進退を迫られているが、少数精鋭の選手のなかでも、「引き際を自分で決められる選手」は一握り。 引き際の“美学”を感じさせるのが、「まだやれるはず」とファンに惜しまれながら引退した選手たちだ。 40歳を迎えるシーズンで19年連続となる30号本塁打を放った王貞治氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング